1. TOP
  2. 不動産投資のすすめ

BETTER LIFE 03

不動産投資のすすめ

将来の不安払拭や余裕を持った暮らしの準備

不動産投資というのは、将来、ご家族やご自身がゆとりを持って暮らすための準備です。

ポートフォリオのひとつに不動産投資を

不動産投資は、安定していることがメリットです。リーマンショックの際、株価や不動産価格が乱高下した時も、家賃が下がることはありませんでした。
私たちが扱う都心物件の家賃は、景気の変動による影響がほとんどありません。長い期間にわたって安定的に家賃が入り続けます。一等地を所有する“地主”というのは、いくら不動産価格が上がっても自分の土地を売ることはしませんし、価格が下がっても手放すことはしません。つまり、いつまでも借り手のいる資産価値の高い不動産は、持ち続けることにこそ価値があるということを知っているからです。
将来の不安払拭や余裕を持った暮らしの準備をしたい、そんなまじめな方にお薦めする理由がここにあります。

不動産投資のメリットをご説明します。

ご家族を守る、その他の主なメリット

01

自己資金がなくても、すぐに始めることができます。

ご家族やご自身の将来のことを考えると、できるだけ早いタイミングから資産づくりを始めたい。でも投資するには資金が必要。そんな方でも都心一等地の物件なら、優良な金融機関から融資を受けてはじめることができます。

02

定年後も余裕を持って暮らすことができます。

人生100年時代。現金は使えばなくなりインフレにも弱い。公的年金では不足する額を安定的な家賃収入を私的年金として得ることができる投資用不動産を所有することで、金銭的にも精神的にも余裕を持った暮らしをすることができます。

03

ローン返済期間中は生命保険の代わりになります。

ローンを利用して購入する場合、団体信用生命保険(団信)に加入することが義務付けられています。これにより、万が一、ローン返済中に死亡したり、高度障害などになった際には、ローンの残債は保険から完済されるので、遺されたご家族は、都心一等地の資産を持つこととなり、家賃収入を遺族年金として受け取ることができます。

04

相続税の軽減になります。

たとえば相続の際、現金・株(有価証券)は100%課税対象になりますが、不動産を賃貸にしていると、物件によりますが、課税対象が約30%に引き下げられます。遺されたご家族のことを考えると、これはとても大きな負担軽減になります。

05

インフレに強い。

インフレになると、現預金などの価値は下がっていきますが、実物資産である「モノ」の価値は上がります。つまり現物資産である不動産は、インフレによる物価全体の上昇とともにその価値を上げていきます。

06

現物資産だからできること。たとえばご子息が住むことも。

投資した不動産は自分の資産になりますので、賃貸するだけでなく、将来、ご子息やご息女が一人暮らしをはじめるための住居として等、他の目的にも利用できます。

CONTACT
お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら(フリーコール)
0800-100-70020800-100-7002
(10:00~21:00)