メンバー

vol.2 「売ってくれて、助かりました」と、言われるなんて!コンサルティング事業部 係長 神田勇樹

この仕事の醍醐味を教えてくださったお客様がいます。大手メーカーにお勤めの、役員クラスの方。年齢的にも、私の大先輩にあたるような方。契約が進み、決済が終わったタイミングでご連絡したら、「助かりました」と言われたんです。契約前、やりとりしているときはとてもクールで、感謝されているなんて、まったく分からなかったのですが…。「本当に、あなたのおかげですっきりしました」と。すごく嬉しかったですし、この仕事の重みを知りました。私たちの仕事には、「買ってください」という営業の比重よりも、「売りませんか」という営業がメインになりますが、このお客様は後者の方。投資用不動産のオーナー様です。

実は、お客様は病を患っていらっしゃいました。残りの人生を考えたとき、お持ちの不動産を早く処分したい、と思われていたようです。この仕事につくまでは知らなかったのですが、そういうオーナー様は、意外と多いです。最後のひと仕事を託される、そんなイメージかもしれません。他にも、古くなり入居者がいなくて、毎月赤字つづき。所有していること自体がストレスになっている方も中にはいます。パートナーズを選んで頂き、買うことで幸せになる人もいれば、売ることで幸せになる人もいる。投資用不動産の仲介は、双方のお役に立つことができる。そして何より、人生に関わる取引ですから、重くて深い。自分の成績も上がって、お客様にも喜ばれるなんて、ちょっといい仕事ですよね。

JOB FOR LOVERS

大切な仲間と、愛する人と、喜びを分かちあう。  そういうのを最高の仕事って、言うんじゃないか。

エントリー